10万円借りる最短の方法まとめ

急な出費であと10万円だけ必要な場合、どうすればいいか。

給料日まであと数日。あと10万円あればなんとかなるというようなシチュエーションも少なくはないはず。

そんな時に役に立つ、あと10万円だけなんとか調達する方法をまとめました。

家族、親族からお金を借りる

急な出費などでお金が足りないとき、一番安全な方法として考えられるのが、家族、親族から借りるという方法です。
高額なら書類を交わすこともあるかもしれませんが、10万円程度なら利子もなく貸してくれるでしょう。
ただ気をつけないといけないのが、家族だから、親族だから、と借りる側の気持ちのハードルが下がってしまわないようにすることです。
親、兄弟姉妹、親戚とお金のトラブルでもめてしまうと、その後の関係が悪くなり、いざ本当に助けが必要になったときに協力してもらえなくなります。
親しき中にも礼儀あり。家族、親族にお金を借りるときも、いつ頃返済できるか、きっちりとしたプランを示すべきです。

クレジットカードのキャッシング機能を利用して借りる

ほとんどのクレジットカードには、キャッシング機能がついています。このキャッシング機能を利用してお金を借りるのも1つの方法です。
クレジットカードには、買い物をする際に使える「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を借りられる「キャッシング利用枠」があります。
もちろん家族や親族からお金を借りるのとは違い、金利手数料、ATM利用手数料、返済手数料などの費用がかかってきますので、ご自身がお持ちのクレジットカードの利用方法をしっかり把握しなければなりません。
ですが、急な出費ですぐに現金が必要な場合は、銀行やコンビニのATMで現金を借りることができるので大変便利です。

消費者金融でお金を借りる

お金を借りる手軽な方法として、消費者金融からお金を借りる方法があります。
消費者金融からお金を借りる際は身分証明書が必要になりますが、10万円程度の金額なら収入証明書は不要です。
最近は審査も早く、ネットで申し込んでから最短で30分程度の時間で借りられるので、急な出費で現金が必要な場合は助かるでしょう。
消費者金融というと、イメージで利息が高いように思いますが、大手の消費者金融なら初回限定で無利息サービスなどを行なっているところもあります。これはもちろん初回限定で30日を過ぎれば利息がかかってくるので気をつけなければいけませんが、大変便利なサービスではあります。
最近ではたくさんの消費者金融の業者がありますので、よく調べて利用されることをおすすめします。