20万円借りる最短の方法まとめ

お金を借りる方法はちゃんと働いていること

20万のお金を借りる方法は、そう難しくありません。

なぜなら、当時大学生だった私でも、34万円のお金を借りることができたからです。

では、どうやってお金を借りるかというとまずは収入があること。

当時の私は、コンビニのアルバイトをしていて、年収が100万円程度でした。

しかし、学費の返済に困り、お金が必要になります。

そこでアコムからお金を借りるため電話をしました。

アコムから、詳しい個人情報やその他に借金を抱えているか聞かれ、勤務先の確認をするため電話をかけられましたね。

もちろん収入がいくらか聞かれ、100万と答えました。

それから審査が始まりますが、すぐ審査の結果が届き、貸付学を見ると34万円借りられたのです。

おそらく、年収の三分の一が最大貸付額になると思います。

つまり、20万の借金をするのなら、最低でも60万以上を稼いだ方が良いでしょう。

お金の返済は計画的に

お金を借りたなら当然、返済をしないといけません。

私の場合、34万円の返済は月に1万円払うとし、利子を含めると2年かかりました。

利子を含めると40万円くらい払ったと思います。

借りる銀行や企業にもよりますが、銀行の方が金利が安く、審査が厳しいです。

逆に企業の場合は金利は高いですが、審査は通りやすいです。

金利がいくらかかるのか、よく確認していから、使い分けて利用した方がいいでしょう。

20万円の借金なら2年の返済でプラス2万円といったところでしょうか…。

ちなみに私は月に1万円返済していましたが、地味に痛手でした。

無理のない借り入れが大切です。

お金を借りたことでどうなったか

あの時、お金を借りたことで学費が返済でき、学校を続けることができました。

あの時お金を借りなかったら、今のように会社員になれなかったでしょう。

返済は大変でしたが、お金を借りなかったらもっと大変でしたね。
なのでお金を借りるにしても、本当に必要な時がいいでしょう。

闇雲にお金を借りると返済できなくなり、破綻していまいます。

借りたお金を大事に使ったり、有効な使い方をすれば、きっと借りた分以上のリターンがあるとでしょう。

何度もいうように、借金をするなら返済について考えなくてはなりません。

先のことをよく考えて、お金を借りましょう。