5万円借りる最短の方法まとめ

急な出費であと5万円だけ必要な場合、どうすればいいか。

給料日まであと数日。あと5万円あればなんとかなるというようなシチュエーションも少なくはないはず。

そんな時に役に立つ、あと5万円だけなんとか調達する方法をまとめました。

お金を借りるなら、まず親に

急に5万円が必要になったとしたら、まず親など家族に頼むのがいいでしょう。
利点をいえば、利息がかかりませんし、ちょっと待ってもらいたい、というときにも言いやすいです。良くないことですが、かなり長期的にわたって分割返済をしても、それほど問題にならないでしょう。
デメリットとしては、お金の使用方法について詳しく聞かれることは覚悟したほうがいいでしょう。結婚式のお祝いだとか、はっきりとした理由があればいいですが、遊びに使うということになると貸し渋られるでしょう。嘘をついて借りることも可能ですが、バレたときにいろいろな場面にこのことが波及する可能性もあります。
また自分の経済状態が良くないとき、家族も良くない可能性が高い、という問題もあります。

友人など家族以外の他人に借りる場合

家族に借りたくない、借りられないという場合は、友人などに頼むのもいいでしょう。
メリットとしては、やはり家族と同様、返済にあたって利息がかからなかったり、遅らせるなど融通をきかせてもらいやすい面があります。
ただ5万円となると、関係が深い相手でないと難しく、誰でもというわけにはいきません。
他にも、お金を返せないでいると連絡を取りにくくなるなど、友達をなくしてしまうこともありえます。その友達だけではなく、それが他の友達にも影響することで、広く自分の評判を下げることにもなります。
5万円よりも大きな被害を被ることにもなりかねません。

専門の業者に借りる場合

消費者金融や銀行カードローンで借りるという方法もあります。
メリットは、友人、家族など私生活に影響なく借りることができるということです。また自動契約機やATMなどを使うことで、日中ならば最短30分程度で借りられる業者も多いこともあります。5万円程度ならば、定期収入があれば、たとえばフリーターなどでも収入が証明できればすぐ借りられることも多いです。
デメリットは、もちろん期日に遅れると返済額がかさんでしまうということです。初回は借りてから一定期間は無利息、という業者が多いですが、過ぎれば当然同じことです。
また審査に落ちれば借りられません。5万円でだめなら、どの業者でもかなりきびしいでしょう。