給料日前でお金がない場合はどうすればいいか?

短期間なら質入も考えてみましょう!

質入では、質草として担保を預ける代わりにその価値に応じたお金を借りることができます。このような質入業務を行っているのは質屋と呼ばれるお店で、主にブランド品の買取や販売を扱っている大型の質屋チェーンでも店舗によってはこの質入業務に対応しています。

持ち込んだ質草がそのまま担保になるので、特に審査の時間もなく、すぐにお金を借りることができるのが特徴ですが、消費者金融などのフリーローンを利用するより高い金利をとられることになるので注意してください。

フリーローンでは年利という単位で金利が計算されますが、質入では月利になります。実際にはこの月利で2~5%程度の金利になることが多いですが、これは年利に換算すると約25~60%にもなってしまいます。

審査もなく、すぐに担保に応じたお金を借りることができ、そのお金と金利分を返済すれば質草にした品物を取り返すことができるという点から、この質入は短期間だけの借入にはとても便利ですが、思ったより金利が高いということは必ず覚えておきましょう。

加入している保険から融資を受けるという手もあります

解約返戻金がある生命保険では、現在解約した場合のその金額に応じた範囲で貸付を行っています。この貸付制度を利用すると、解約返戻金自体が担保となっている為、審査もなく、すぐにお金を借りることができます。当然金利は掛かりますが、消費者金融などと比較すると数分の1程度という低金利なところも魅力です。

ただし、手続きがあるので即日という訳にはいかず、数日は掛かってしまうので、ともかく急ぎだという場合にはあまり向いていません。

しかしながら、きちんとした担保があるので、高額でも問題なく借りることができるのが特徴です。そのような保険に加入しており、2~3日なら待つことができて、少しまとまったお金が必要な時にはこの方法が一番いいかも知れません。

消費者金融を利用しましょう!

各消費者金融が扱っているフリーローンは、原則的に無担保で利用することができます。給料日までの繋ぎとして必要な程度の額であれば、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類だけですぐに契約できるので、この状態を解決するとても強い味方になってくれるでしょう。早い時間に申込みを行えば、その日のうちに振込や直接現金で借りることができます。

銀行でもカードローン形式のフリーローンを扱っていますが、2018年から銀行カードローンの即日融資は全面的に禁止されてしまったので、申込みをした日のうちには借りられず、最短でも翌日以降になってしまいます。長い場合には審査から数日後にならないと借りられないこともあるので、すぐにお金が必要な時には消費者金融の方をおすすめします。