車検代が払えない!お金がない場合はどうすればいいか?

車検代が溜まるまで他の交通機関を使う

車にしばらく乗らなくても良い状況であれば、車検代が溜まるまで交通手段を他の交通機関に頼るという手が最もベターです。車検が切れてしまうとその車には乗ることができませんが、車検切れの車を保有していること自体には何ら問題はありません。

次の給料日まで倹約してお金を貯めて車検を受けることで、次月からは再び車が利用できるようになります。都心であれば公共交通機関を利用すればほとんど支障がありませんし、家族がいる場合はその人の車で送ってもらうことも可能でしょう。ただ、車検切れの状態でそのまま車に乗り続けることだけは避けてください。自動車保険の類も一切効かないため、取り返しのつかない自体に陥る可能性があります。

分割払いを利用する

車検業者の中には分割払いに対応している会社も多く存在しています。大手カーディーラーであればほとんどが分割払いに対応しておりますし、町の整備工場や専門店であっても顔なじみであれば対応してくれるケースが多いです。

また、クレジットカードによる支払いが可能な業者であれば、対応するクレジットカード会社の分割払いを利用することができます。その場合は分割回数に応じて金利が発生しますが、数千円規模であることが多いので大きな心配は必要ありません。また、全く手元にお金がないという方にはリボ払いという制度もあります。いずれにせよ分割払いを利用すればお金がなくても車検を受けることが可能です。

消費者金融を利用する

お金が無い際に最も簡単にすばやくお金を手に入れる方法は、消費者金融を利用することです。多くの消費者金融では、即金サービスに対応しており、条件さえ合えばその日のうちに車検代を手にすることができます。最近はWEBやアプリでキャッシングを申し込むことが可能であるため、わざわざ店舗に足を向ける必要さえありません。

気になるのが金利についてですが、多くの消費者金融では車検代程度の少額融資であれば低金利であるという傾向があり、また初回利用は無利息キャンペーンを行っている業者等もあるため、上手に利用すればほとんど損をせずに借金することが可能です。