結婚式の祝儀が払えない!お金がない場合はどうすればいいか?

結婚式に招待されたけど、お金がなく出席出来ない時の対処の仕方

社会人になると、親せきや友人、会社関係の方に結婚式に招待されることも多いです。招待されたのはいいですが、お金がなく出席出来ない時って、とても困りますね。友人の時であれば、今後の交流も大切にしたいことから、出席したい方も多くいらっしゃいます。

招待されたけどお金がない時の対処法としては、必ず奇数のお金を支払わないといけないということはないので、正直に話して、了解を得ることが大切です。招待されて出席をする時にご祝儀として渡す金額としては、気持ちとなってますので、お金がないのでしたら、1万円でも十分可能となってます。2万円であれば、1万円を一枚と、五千円を二枚用意すれば、奇数の数字になります。

お金がなく欠席するよりもいい

結婚式に呼ばれたのにお金がなく欠席をしようと考えてる方は、出席する方法を考えることが対越です。お金がないのに結婚される方に対して、欠席をすることを伝えてしまうと、相手にも失礼にあたりますので、対処の仕方としては、最低限出せる金額をご祝儀として包むなどするといいです。

社会人であればお金がないというのは、とても恥ずかしいことです。お金がないことを隠して、欠席をするのと、正直に理由を話して、出せるだけご祝儀として包むのとでは、結婚をされる方への気持ちの伝わり方が全く違います。相手への気遣いがとても重要になってきますので、結婚式に招待された時にお金がない時には、心から祝福出来るように、何かあった時に貯金をしておくなどして対策を立てておくことが必要です。

結婚式の場の雰囲気を壊すことの内容に

結婚式は、お祝いの場でもありますので、めでたく結婚をされる方に対して、心から幸せになってもらいたいと言う気持ちが大切です。披露宴で出される料理もご祝儀を包んだ金額よりも高そうな感じに思うかも知れないです。結婚式に包むご祝儀も相場として決まってますが、相場となってるだけなので、必ず決まってるということはないのです。

会社の関係であれば、今後のお付き合いも兼ねてるので、お金がなくても生活費を削るなどして、きちんと出席をすることが大切です。生活費の面に関しては、結婚式が終わってから考えることが一番です。現在は消費者金融という便利なものがありますので、一旦お金を借りるという方法もございます。